vitzer

 

IFKS出版 曲集「隠れた名曲をフルートで」『人魚の涙』
"Play hidden masterpieces with Flute" / "Mermaid Tears" published by IFKS

「人魚の涙」について
古来より真珠はその生成の神秘さ、美しさによって貴重な宝石として人々を魅了してきました。この曲集の中のそれぞれの曲は、今まで知られていなくても真珠のような得難い美しさを秘めています。言わば大海(過去の作曲達が残した膨大な作品群)の中で光輝を放つ宝物(名曲)です。人魚は半人半魚として文学や絵画に描かれ、「真珠」は人魚が流す涙に例えられてきました。その故事からこの曲集を「人魚の涙」と命名しました。
About "Mermaid Tears"
Since ancient times, pearls have fascinated people as precious gems due to the mystery and beauty of their production. Each song in this collection has a pearly beauty that has never been known before. So to speak, it is a treasure (masterpiece) that shines in the ocean (a huge group of works left by past composers). Mermaids are depicted in literature and paintings as being half-human and half-fish, and "pearls" have been likened to the tears shed by mermaids. For that reason, we named this songbook "Mermaid's Tears".

 


第1巻表紙
第2巻表紙
第3巻表紙
第4巻表紙
第5巻表紙 (近刊)
第6巻表紙(近刊)

編曲/編纂:石原利矩 
 知られざる曲に巡り会い、それがフルート以外の曲であっても、フルートで吹いたらどんな音楽に聞こえるだろうと思う度にそれらをダウンロードして、楽譜を打ち直し、音源をフルートにして聴いている内になんと何百曲という数になっていました。それらはレッスンで使用したり、発表会や講習会の課題曲となって活用していましたが、IFKS理事の面々がこのことを知ることとなり、IFKSから出版するという提案がなされました。しかし、クーラウとフルート曲集の関連とそれを出版することの意義が明確にならないといけません。そこで、各巻には必ずクーラウに関する曲を入れると言うことで決着をつけました。第1巻の第1曲がクーラウの「アンダンティーノ・グラチオーソ」になっていることがお解りのことと思います。「ルル組曲」と題する6曲の連作はそれぞれ1巻から6巻までに分散して掲載する事にしました。第3巻にはアントン・カイパー編曲のクーラウ作曲、フルート・クインテット第1番の第3楽章を収録しています。
Arrangement and editing : Toshinori Ishihara
Whenever I come across an unknown song and wonder what kind of music it would sound like if I played it on the flute, even if it was a non-flute song, I downloaded them, rewrote the score, and listened to the sound source as a flute.The number of pieces has been exceeded by the hundreds. They were used in lessons and used as theme songs for presentations and workshops, but the IFKS directors learned about this and proposed to publish it from IFKS. However, the relationship between Kuhlau and the flute songbook and the significance of publishing it must be clarified. Therefore, I decided to put a song about Kuhlau in each volume. You can see that the first song of Volume 1 is Kuhlau's "Andantino Grazioso". The series of 6 songs entitled "Lulu Suite" will be distributed in volumes 1 to 6 respectively. Volume 3 contains the third movement of Flute Quintet No. 1, composed by Kuhlau, arranged by Anton Keyper.


 各巻の「目次ページへ<クリック>」をクリックするとその巻の音源のページに飛びます。そこには目次の曲名がありますが、赤字になっている曲はクリックするとその曲のフルート譜の第1ページが現れます。MP3のボックスの上の段はフルートとピアノの 音源、下の段はピアノのみの音源です。曲頭がフルートとピアノが同時に始まるときは前打ちの小節を入れています。
Click "Click to Table of Contents Page" for each volume to jump to the sound source page for that volume. There is a song title in the table of contents, but if you click on a song that is in red, the first page of the flute staff of that song will appear. The upper row of the MP3 box is the flute and piano sound source, and the lower row is the piano only sound source. When the flute and piano start at the same time at the beginning of a song, a one bar count-off will be provided prior to the start of the tune.


第1巻 2021.10 既刊 第1巻  The first Volume was published on October 2021.
目次ページへ<クリック>
"Click to Table of Contents Page"
 
第2巻 2021.12 既刊 第2巻   The second Volume was published on December 2021.
目次ページへ<クリック>
"Click to Table of Contents Page"
 
第3巻 2022.1 既刊 第3巻  The third Volumewas published on January 2022.
目次ページへ<クリック>
"Click to Table of Contents Page"
 
第巻 2022.7 既刊 第4巻  The fourth Volume will be published on July 2022.
目次ページへ<クリック>
"Click to Table of Contents Page"
 

<<ご購入の案内>>
<<Purchase infomation>>